青汁の飲み過ぎと尿管結石

  • 無添加

青汁の飲み過ぎと尿管結石

青汁というとどうしても不足しがちとなってしまう野菜の栄養を手軽に摂ることができ、健康に美容に良いということで人気があります。
健康によいならということでたくさん摂ったほうが良いと勘違いしてしまう人もいるようですが、どんなによいものであっても取りすぎは逆の働きとなってしまうこともありますから気をつけないといけません。

青汁の場合には1日に摂る目安というものが記載されていますから、それを参考にして自分の判断でそれを超えて1日にたくさん摂るというようなことはやめましょう。

青汁を摂り過ぎると尿管結石になるという話もあります。
これは、青汁に含まれているシュウ酸カルシウムが原因ではないかといわれているのですが、シュウ酸カルシウムが含まれている野菜ということではほうれん草となりますから、気になるようであれば成分表や原材料を確認してみるのもよいでしょう。

とはいってもほうれん草などは茹でてしまえばシュウ酸カルシウムも溶け出してしまいますから、実際にはそれほど多くを取るということはありません。

過剰摂取することは良いことではないのですが、過剰摂取になったからといって誰もが尿管結石になるのかというとそんなこともありません。
日ごろの食生活などが大きく影響してきますから、バランスということが重要なポイントとなってきます。

青汁ばかりに頼ってしまってバランスが悪くなってしまったり、食事では肉ばかりを食べているというような食生活をしているというような場合には、可能性は高くなってくるのでしょう。

どんなによいものであっても摂り過ぎてよいということはありませんから十分に気をつけましょう。

青汁を摂り過ぎると尿管結石になるといってもこれはだれもが同じようになるということはありませんが、やはり頼りすぎてバランスが悪い栄養状態になることは良いことはありません。
あくまでも補助するものと考えてバランスの良い食事に気をつけることも大事なことになってきますから、取り過ぎないようにするというだけでなく全体のバランスを考えてみることも必要でしょう。

ページのトップへ戻る